最高学府・大学院に行くメリットとは

学校の中でも大学院は最高学歴なのでいいですよね。

高学歴って絶対にいいと思います。なぜなら、高学歴の方が低学歴よりも仕事の幅が広がると思うからです。よく高学歴だと就職に不利なんていう人もいますが、なんだかこの考えは、まるで、女性が高い学歴を持っていれば、結婚する男性とつりあわないから婚期を逃すといっていた時代の頃とかわらない論理で、結局、それって自分の能力を思う存分発揮しないで生きているのと変わりません。結婚だけ見てみても、自分の能力はあるのに、わざわざ自分よりレベルが低い人と結婚して、形式的にはそれでまとまるのかも知れませんが、実際の生活では、何が面白いのかまったく理解ができません。話も合わないでしょうし、共感することも少ないでしょう。そもそも、能力を落としてまで、相手に合わせることが幸せとは思えないんですよね。同じ理由で、仕事もそうだと思います。大学院にいける能力があるのなら、いったほうがいいって思います。ちゃんと勉強して、合格したら、そこがその人にとっての適材適所になると思うからです。能力を最大限利用しないでやっていくのは、長い人生を考えたら、もったいないと思うんですよね。

なので、学校に行って、もっと研究したくなったら、大学院に進めばいいと思います。あまり先々考えて、前もって自制しておくよりも、若いうちはどんどんと大きく羽ばたくべきだと思います。日本では例えそうであったとしても、外国はもっと実質主義です。何も狭い世界だけに閉じこもっている必要はありません。

おすすめ情報